鎌倉歴史散策の歴散加藤塾別館、鎌倉旧古道を訪ねる頁です。

鎌倉旧旧古道 鎌倉街道・鎌倉往還

(七のV)京成小岩駅から国府台まで

 

京成小岩駅で出入り口2へ出て、南へ行けば、前回の終了地点に出るので、左側の東へ進み踏切を渡る。
そして、道に沿って直進するのだが、一本南に緑道が通っている。明治の地図にかすかだが水路が見える。これだろう。旧古道は水路に沿っていたのではないだろうか。江戸時代の小岩用水の一部であろうから、旧古道に沿って通水したものと思われる。現在では、道路と水路が家二軒分離れている。現在では、かなり東側の公園前まで続いているが、明治の地図では途中で途切れているので、戦後延長したのかもしれない。

芳賀先生のA説(緑の線)では、そのまま直進して江戸川へ出る。しかし、明治の地図には道がない。しかも真光院にぶつかってしまう。ところが、真光院の説明に、慶長七年(1602)に法印良鑁が開山したとあるので、鎌倉時代にはなかったので問題ないことが分かった。では、街道は渡し場の関係で移ってしまたので、後に治水を祈り真光院が出来たということだろうか?

また、芳賀先生のB説(紺の線)では、同様に直進し、旧堤防に沿って右折し、現中小岩小学校のところから江戸川へ向かう。A説同様に明治の地図には道がない。

そこで、私なりに明治の地図に合わせて考えたのが、C説(紫の線)である。踏切から二つ目の信号、北小岩駐在所の交差点を右折する。
南下し、次の踏切の先で左へ曲がり、行き止まりで北へ曲がるのだが、現在では下の写真のように線路で道が消えている。

下の道七の三の写真一 鉄道で道が寸断されている。

で、仕方なく踏切手前へ戻り東へ折れ、線路に沿って行くと一つ目の左への道の先に、侵入を阻止するかのような棒の立っている路地が、鉄道で寸断された旧古道の続きである。

下の道七の三の写真二 鉄道で寸断された道の続き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路地へ入り、すぐ右へ曲がり、路地を出ると片側に歩道のある一方通行の道に出るので直進する。右側の「すいえいかん」の前を過ぎたら、二車線の道路とぶつかるが、ここで芳賀B説の道を横切る。右斜め前の路地に近い狭さが旧古道である。つぎを右へ曲がると、道は小さく左へ曲がって出る。この小規模の曲がりが明治の地図の通り残っている。東へ進む。

A説(緑の線)では、そのまま直進して江戸川へ出て、川を渡り国府台下へ出て、現東京医科歯科大学の北辺をたどり、松戸街道へ出る。

B説(紺の線)では、そのまま直進し江戸川へ向かうが、明治の地図にも現在でも道が途切れている。その先で渡し船で向かい側の松戸街道へ出る。
C説(紫の線)では、少し広くなったら直進して、次を右折、京成線の江戸川駅ガード手前を左折し次の角を右折して京成線改札前をすぎて、先へ行くとここへ出てくる道の途切れたB説と一緒になり、左へ曲がり船着き場へ旧古道は行っていた。
堤防に突き当たり登ってみると、「小岩市川の渡し跡・小岩市川関所跡」の看板があった。

江戸時代のはじめ、両国から堅川の北岸を東にすすみ、逆井の渡しで中川(旧中川)をわたり、小岩で現在の江戸川をわたって房総へむかう道がひらかれました。「元佐倉道」とよばれ、明治八年(1875)に千葉街道と改称されています。江戸時代に作られた『水戸佐倉道分間延絵図』には、「元佐倉通り逆井道、江戸両国橋え道法三里」と記されています。江戸から佐倉へむかう道筋には、千住から新宿(葛飾区)に至って水戸街道から分かれ、小岩に至る佐倉道があり、江戸時代にはこちらが街道として利用されていました。江戸を守るために江戸川には橋が架けられませんでした。小岩市川の渡しの小岩側に小岩市川関所がおかれていました。『新編武蔵風土紀稿』の伊与田村の項に「対岸は下総国葛飾郡市川村なれば、小岩市川の御番所という」とあります。これは幕府の設けた関所のひとつで、常時四人の番士が配属されていました。上流の金町松戸関所とともに、江戸の出入りを監視する東の関門でした。戊辰戦争では、ここも戦場になっています。明治二年廃止されました。江戸川区

しかし、現在ではどの説も堤防に突き当たり、江戸川を渡れないので、堤防上を南下して千葉街道へ出て、橋を渡るほかない。
市川橋で江戸川を越えて、千葉県に入る。左の上流側堤防上に「市川関所跡」の看板が立っている。

江戸時代以前の江戸川は太日川(ふといがわ)を呼ばれていた。奈良・平安時代の関所跡周辺には、井上駅家(いかみのうまや)がおかれ、都と下総国を往来する公の使(つかい)が太日川の渡し船と馬の乗かえをおこなった。また、室町時代には、市川を旅した連歌師の宗長が、その時の紀行文「東路の津登」のなかで、市川に渡があったことを記しており、古くからここに人々が集い、川を渡っていたことがわかる。やがて、江戸に幕府が置かれると、江戸を守るなどのため、関東の主な川に、船の渡場で旅人を調べる「定船場」が設けられた。古くから渡があり市場でにぎわっていた市川が選ばれ、これが後に関所となった。(中略)「市川関所」と呼ばれることもあったが、多くの場合「小岩・市川関所」と記され、対岸の二村が一対で一つの関所と定められていた。そして、分担して関所にまつわる役割を果たしていた。幕府の役人が旅人を調べた建物は小岩側にあったので、市川村は緊急時に駈けつけて助ける役割を担い、名主の能勢家が取り調べをする役人を補佐した。(中略)しかし、度重なる江戸川の護岸工事で、関所の建物や渡船場の正確な位置は、今日不明となっている。市川市

現在では、関所や渡し場は不明だそうだが、堤防に石段があるのが明治の地図の渡場の位置と思われる。堤防から広い通りに出たら、北側の京成線のガードの手前で右へ入り、国府台駅の下をくぐっているのが旧古道である。
ちなみに、渡船場から南下している広い道は、旧千葉街道である。

ここ市川の真間には、手児奈姫伝説がある。

手児奈とは、下総国勝鹿の真間に奈良時代以前に住んでいたとされる女性で、一説によると舒明天皇の時代(蘇我蝦夷の時代)の国造の娘で、近隣の国へ嫁いだが、勝鹿の国造と嫁ぎ先の国との間に争いが起こったため逆恨みされ、苦難の末真間へ戻った。しかし、嫁ぎ先より帰った運命を恥じて実家へ帰れぬまま子育てに暮らした。男たちは手児奈をめぐり再び争いを起こしたので、これを嫌って真間の入江に身を投じたと伝えられる。
この話が、都にも伝わり、万葉集にも伝説に関する歌が複数あるそうだ。
天平九年(737)行基がこの故事を聞き、手児奈の霊を慰めるために求法寺を開いたと謂われる。その後、弘仁十三年(822)弘法大師が布教に来られた際に七堂伽藍に再建して、弘法寺と変えたと伝えられる。その後、一時天台宗に転じたが、鎌倉時代の建治元年(1275)時の住持が問答に敗れ、日蓮宗に改宗したと謂われる。それで、弘法大師の名の寺が日蓮宗なんだ。納得!なお、現在の建築物は火災の為、明治に再建されたものだそうな。

行基や弘法大師の回帰伝説には疑問があるが、1kmにも及ぶ千葉街道からの参道が、古さを語っている。この参道に真間の継橋」伝説があり、明治の地図の通り、国府台の下には湿地帯が入江の如く入り込んでいたので、弘法寺への参道に幾つも継ぎ足した橋が架かっていたそうだ。この参道を歩いてみたくて、JR市川駅で降りて辿ってみて、ある種の感動を受けた。現在は「大門通り」と云う、商店街の様な住宅地の様な?
参道を突き当たって弘法寺へは、伊豆石を切り出した一段が少し高いのが、60段もあった。斜面にあわせ最初は10段で踊り場、次が15段、次ぎも15段、しまいに20段一気に登る。境内がすごーく広くて、古刹を物語っている。

市川四丁目へ戻って、国府台への坂を登ろう。ビルが途切れ、歩道橋の先は切通しだ。この坂は人通りも多く、車の往来も激しいので、排気ガスの切通しだ。坂を上り切ると既に古代の国衙跡地に入る。

発掘調査の結果などでは、左側の和洋女子大の敷地を古代駅路が通っていたのは廃されて、鎌倉時代的切通しを通したので、鎌倉道の辺りはすでに国衙機能は移ってしまったか、縮小してしまっていたのだろうか。

国府を偲ばせるものは一切なく、わずかにスポーツセンター中央の事務所前の大木の根方に下総総社跡の碑があるにすぎない。
六所宮は、本来国司が新年に国内の一ノ宮から五ノ宮まで拝賀して歩くのを、怠けて国府内に勧請して一つにまとめたのが六所宮である。
よって六所宮跡があれば、そこは国府内に違いない。ここでは、国府庁舎敷地の北東の角に祀っていたらしい。
街道へ戻り先へ歩くと左には高校・医科歯科大学、右は国立国府台病院。医科歯科大学の北はずれにコンビニがある。次の信号で芳賀先生のA説の道と合流する。

この交差点で、旧道を付け替えた痕跡が残っている。交差点の拡大図を左上に書きこんでみた。旧古道は、医科歯科大学と国府台高校の境あたりから西へ寄りその後北上している。その名残が、この交差点に無用地の三角形の植え込みを作っている。

下の道(七のU) 鐘ヶ淵駅から京成小岩駅まで

下の道(七のV) 京成小岩駅から国府台まで

下の道(八のT) 国府台から松戸まで